トップ > アンチウイルスソフトの評価基準 > アンチウイルスソフトの評価基準

アンチウイルスソフトの評価基準

退治しても退治しても、次から次へと新手のウイルスが現れては業界関係者やユーザーを悩ませています。
それに対抗するアンチウイルスソフトはPCライフの必須条項になっていますが、ソフトに対して下す評価基準も年々厳しさを増しているようです。
アンチウイルスソフトも、他のソフトと同様、まず自分のパソコンのOSに対応しているかがあります。
いくら性能が優れていても、インストールの段階でつまずけば泣くに泣けません。
OS対応状況は、性能の評価基準以前の検討条件となります。
また、パソコンの動作環境に与える影響も、重要な要素に数えられます。
常駐させて稼働するわけですから、アンチウイルスソフトを組み込んだばかりに、パソコンが重くなったというケースは頻繁に経験します。
ソフトのウイルス検知駆除能力と動作の軽さは天秤にかけるような関係にあるのですが、口コミなども参考に、ユーザー自身のパソコンスキルも考慮して選び出すのが現実的な線でしょう。

……この記事の全文をみる
1ヶ月間無料体験のおすすめ
↓↓
他社製品からの乗り換え急上昇!

「軽さ」No1.!他社製品と圧倒的な差を付けて堂々のNo.1を獲得!
「強さ」No1.!第三者機関による最多受賞実績!
  
未知のウイルスへの対応力が違います。「ESET Smart Security」
未知のウイルスへの対応力が違います。「ESET Smart Security」
アンチウイルスソフトの評価基準
アンチウイルスソフトには●ウイルスの検知性能/駆除能力●動作の軽さ/重さ●新種ウイルスなどに対するサポート●価格/更新料、などの評価基準があります。

前の記事 | 次の記事

関連記事
海外ドラマ隊